ターンエーガンダム シン【6】

HGBF ターンエー シン
02 /28 2016
HOBBY HOBBY イメージングビルダーズが更新されました。Ez-SRの全部乗せ別バージョンです。
配色変更で全く違う印象になりますね。しっかり明日からプレバン販売です。こーゆーセンスも売っておくれヽ( ̄▽ ̄)ノ

s-turna_22.jpg

マニピュレーターも細かい造形が入ってます。素晴らしい!が、握り拳の親指は人差し指、中指と一体化してます。さほど強度は変わらないように見えるのだけど、埋まってるということは変わるのでしょうね(ノ_-。
平手の水かきは落としました。

s-turna_23.jpg

脚の合わせ目除去も終了。ディティールは深彫りしています。
太ももの丸穴ディテは失敗して歪んだので、埋めて彫り直してます( ̄∇ ̄;

s-turna_24.jpg

膝裏の肉抜き穴は塗装後にプラバンで塞ぎます。

s-turna_25.jpg

足裏はMr.SSPで埋めて、彫り直しました。
スポンサーサイト

ターンエーガンダム シン【5】

HGBF ターンエー シン
02 /25 2016
聖戦士ダンバインの全話を見終わりました。リアルタイム含めて2、3回は見ているはずなのに忘れてますのー
ダンバインとぶはテンション激上げっすね(* ̄∇ ̄*)

s-turna_18.jpg

肩装甲を横から見るとダボが丸見えでした。貼りつけた後ではキレイに切り取る自信がないので、取り敢えず、市販のダクトで隠してみます。なして、事前に気付かないかなー(-_-)

s-turna_19.jpg

腕の合わせ目も消えました。モールドを兼ねていた太い溝が消しきれなかったので、黒執着で埋めています。

s-turna_20.jpg

フロントアーマー裏も細かいディティールが入ってます。サイド裏はあっさりしてますが、時間が惜しいのでスルー\(^▽^)/
フロントの先はダルいので、プラバンを貼って尖らせます。

s-turna_21.jpg

股関節の合わせ目を見落としていました。ポリキャップはプラバンで囲っています。

ターンエーガンダム シン【4】

HGBF ターンエー シン
02 /21 2016
機動戦士ガンダムユニコーンが編集されてTV放送されるようですね。一応、見ると思うけど、正直好きくないです

s-turna_14.jpg

バックパック本体は前後に割れてるので、接着。BPは本体に比べてあっさり風味なので、ディティールを追加する予定です。下の軸はアクションベースを繋げる3mm穴と一体化されてるので、切り取れなかったん
ターンエー本体股下の3mm穴にはフタをするパーツが付いてるので、そちらは殺して、アクションベースとはBPで接続しようと思ってます。その為、本体との接続軸を補強しました。

s-turna_15.jpg

BPに付く羽は左右割れなので、こちらも接着です。
大きい羽の基部はボールジョイントに変更してみました。幾らかフレキシブルに可動できるようになります。ボールデンの大がピッタリ。(*^▽^*)

s-turna_16.jpg

頭の合わせ目が消えました。セメントには苦手意識もあったのですが、キレイに消えたお!やっぱ数日置くと違うのかな。
耳裏の肉抜きはヒートペンで埋めました。

s-turna_17.jpg

スジを深彫りして、胸まで表面処理が終了です。
ご覧のように肩の可動はいまいち。ですが、構造上仕方ないのでしょうね。

ターンエーガンダム シン【3】

HGBF ターンエー シン
02 /18 2016
遅まきながら、ドラゴンクエストビルダーズを買いました。ドラクエは久々です。音楽が非常に懐かしい…(ノ_-。
ゲームは楽しいですよ~。昨夜は素材を集める為にモンスターの沸き待ちしてたら、いつの間にか深夜2時ですがなー(ノ゚ο゚)ノ

s-turna_10.jpg

背中にはGセルフ宇宙用パックを背負わせることにしました。冨野ガンダム繋がりナリ\(^▽^)/
BPの接続軸が角棒で、そのままでは接続できなかったので、丸棒に置換しています。いあ。ホントはパーフェクトパックが欲しかったのですが、品薄でのぅ・・・。
宇宙パックしか手に入らなかったお蔭(?)で、これは返って良いかもと言う形態に気付いたのですが、それは後ほど~(* ̄∇ ̄*)

s-turna_11.jpg

本体の後ハメに戻ります。
腕は肘関節のダボを片方切り落とし、生きてる方のダボ穴をC字カットしました。そのままでもしっかり固定できそうですが、念為、真鍮線で補強しています。

s-turna_12.jpg

脚は正面に合わせ目がくるので、頂けないっすね。
下半分(写真右のパーツ)のダボ穴をC字にすれば滑り込めるようになります。

s-turna_13.jpg

武器は安定のモナカ割りなので、これも接着しました。
セメントが乾くの待つ間にバックパックの合わせ目を消していきます。乾く合間にダンバインと思っていたのですが、その暇は無さそうすな。

ターンエーガンダム シン【2】

HGBF ターンエー シン
02 /14 2016
昨日発売されたグリムゲルデを買ってみました。鉄血は百錬も買ってるのよね。直ぐに作れる訳でもないのに。去年末のダンバインから積みプラが平気になってきています。ヤダーー!(T^T)
鉄血は今日放送はまだ見てないのですが、後5話くらいで終わるのかい?

s-turna_07.jpg

頭部の後ハメです。
赤いパーツを入れる額裏のダボ穴をC字にカットして、頬裏のダボ穴を除去、首のポリキャップ受けを少し切ると、接着後にも下から顔がハメられるようになります。ポリキャップ受けの周りには切り取った部分を再接着する時の位置決め、補強の為にプラバンを巻きました。

s-turna_08.jpg

上からパーツを被せるので余り目立ちませんが、肩の天面にも合わせ目が出るので、一応消しました。
今回は接着にタミヤセメントを使ってます。今まで待ち時間を嫌って、瞬着を使っていたのですが、ちょっとした衝撃でポロリと欠ける事故を防ぐ為に初心に戻ってみました(* ̄∇ ̄*)

s-turna_09.jpg

上腕もぱっくりモナカ割りなので、接着します。脇腹の合わせ目は目立たないし、接着するには厄介そうなので、段落ちで逃げ。
付け根のポリキャップには0.5mmプラをコの字に接着したものを被せることにしました。

s-turna_06.jpg

背中に2つ穴が開いていたので、これはいつものBF規格なバックパック用かと思ったら、微妙に幅が合わない。で、余ったパーツを調べてみると、右のようなスペーサーを見つけました。
HHイメージングビルダーズではオーラーザーを付けてたし、こうなると何か背負わせたくなりますね(^▽^)

ダンバイン【1】

HGAB ダンバイン
02 /11 2016
ターンエー作製が始まったばかりですが、今回はちょっと寄り道です。現在、去年買い込んだオーラバトラーたちの為にダンバインDVDを見返してまして、テンション上がっちゃってるので、少し仮組してみましたヽ(*^^*)ノ
懐かし補正も入ってるのかなぁ。ダンバインは見始めると止まらねーっすよ。毎回OP・ED共に見てしまう程に。幸せ(*´∇`*)

s-dunbine_01.jpg

1/72オーラバトラーHGダンバインです。箱絵が寂しいにょ(ノ_-。)
これは再販前に偶然見つけて、買い置きしていたもの。再販されるのを知っていたら、買ってなかったの。

s-dunbine_02.jpg

最新のHGしか知らない自分からすると、パーツ少ないっすね。拳やオーラマルスがゴム的なものになってるのが面白い。

s-dunbine_03.jpg

仮組できました。
オーラコンバーターを背負うと重さに負けます。関節が緩いのか?ゴム手もオーラソードを握ってくれないし、オーラシューターはきちんとハマらないし…(T^T)

s-dunbine_04.jpg

調子に乗って、1/72ダンバインも組んでみた。あれ?間違えてドラムロが入ってたかな?
接着剤を使わないと仮組もできないという未知の世界です。オレの知らないバンダイですよ。ああ。恐ろしい子だよ…。これを一体どうしろとヽ( ̄▽ ̄)ノ
取り敢えず、胴体を切り離して腹に回転軸作って、脚の付け根位置を変更するでしょ。で、胸が大きいのか。脚が短いのか。付け根を変更すれば、ある程度緩和されるのか。それともそっと箱にしまうか…
箱絵はめちゃくちゃカッコイイのに!

s-dunbine_05.jpg

HGダンバインの具合が余りよろしくないので、トッド・トカマクも作ってみました。こちらは去年の再販後に買ったものです。
関節もきつくてコンバーターに負けません。剣も幾らか握りやすい。相変わらずオーラシューターはハマりません。こうなるとシューターに関しては付け方が悪いのかな。
トカマクを作ってショウよりも良さそうだったら、色を塗り変えてショウ機とするつもりだったのですが、作ってみるとこの色も捨てがたくなってしまった(*^▽^*)

s-dunbine_06.jpg

3個共作ってみようかなぁ。別パーツが入っていて、頭部の形状が微妙に違います。トカマクの頭が可愛くて好きだ(* ̄∇ ̄*)
説明書に寄ると、強獣を元に作られたダンバインは1機毎にカスタムメイドされているからだそうです。後付けだろうけど、それも面白いですよね。

一通り仮組が終わったので、次回からターンエーに戻ります~(* ̄▽ ̄)ノ

ターンエーガンダム シン【1】

HGBF ターンエー シン
02 /08 2016
昨日はナチュラルにブログ更新を忘れてました。ぐっはぁ(-_-)
今年から不定期更新にしようかとも思ってたのだけど、自分の場合、いつでも更新できると思うと、いつまで経っても更新しないと言う事が分かったので、週2回更新は続けようと誓った矢先の失敗なのでした∑(´□`;)

s-turna_01.jpg

次に作るのはプレバンからのターンエーガンダムシンです。BFのweb企画HHイメージングビルダーズでも紹介されましたね。
セイラマスオ氏の作例がキット化されたもので、氏のディティールが手元で見れるというのは貴重じゃないかなーと買ってみました。

s-turna_02.jpg

中身はこんな感じです。白い…。ポリキャップも白い
資料的な意味合いもあるので、余計なことはせずにシール部分を塗装するぐらいに留めたい思います。次のプラも控えてますしオスシ( ̄∇ ̄;

s-turna_03.jpg

仮組終了~。ターンエーの美しいから、こいつはカッコイイにジョブチェンジみたいな…(*´∇`*)
原形を残しつつ、印象が変わってます

s-turna_04.jpg

残りパーツを見ると、デフォ以外に開いた状態の胸やコアファイターなども残ってます。ターンエーに戻すこともできるのじゃないかな。

s-turna_05.jpg

が、ががが、サクッと作るつもりだったのですが、結構な割れ目が見えるのよね。頭、肩、脇、腕、脚って全身にあるだよー!
う~ん。早くも計画が狂ったナリ。オールガンダムのターンエーベースだろうから、パチ組で問題ないだろうと思ってたのよね(T^T)
合わせ目消しはしましょう

ゼロガンダム【23】

SD ゼロガンダム
02 /04 2016
暦の上では春がやって来ましたが、特に夕方になるとまだまだ冷え込みますねぇ。
なのにしっかりと花粉だけは飛んで来ているような気がする。へっくちん

s-m_zero_76.jpg

見えない所も丁寧に作ろうという目標で始めたゼロガンダムですが、終盤にきてトラブル続き。いい加減さ爆発ないつもの「ねもクオリティ」なのです。誤魔化しつつも、完成写真公開まで漕ぎつけました。
それでは、続きからお願いします<(_ _)>

続きを読む

nemo4051

ガンプラ製作の記録とメモ的な感じ。